2歳児の<イヤイヤ期>どう乗り越える??

親が子どもの気持ちに寄り添って、子どもが無力にならないような言葉がけをしましょう。」
――七田式創始者 七田眞の金言より

1歳から3歳は、子どもが自立を目指す時期です。言葉が豊富になり、「イヤだ」「自分でする」「私の」などという自己主張が多くなってきます。子どもに選ばせたり、させたりすることが多くなり、時間がかかってイライラすることもあるかもしれませんが、そのようなときこそ、うまく子どもの気持ちを引き出す言葉がけをしましょう。例えば、「これを着なさい」ではなく、「シャツにする?セーターにする?」と聞いて、自分で選ばせるのです。そうすることで、自立を促すことができます。

おすすめ記事
第1反抗期!2歳児の「イヤイヤ期」(Terrible Two)の特徴と、乗り越える方法

 

http://bit.ly/lab_2iyaiya